どのような眠りがよい睡眠といえるのか?

良い眠りには深さがある

寝足りないと感じたことはありませんか。沢山寝たはずなのにまだ眠い、その原因は質にあります。眠りには浅い眠りと深い眠りがあります。浅い眠りのことをレム睡眠、深い眠りのことをノンレム睡眠といいます。人は寝ている時、この2つの状態を交互に繰り返します。そして大切なのは最初に訪れるノンレム睡眠の際により深い状態で眠ることなのです。

最初に深い状態で眠れれば、その後の睡眠が心地よいものになりますし、ホルモンのバランスも良いものにすることが出来ます。さらには自律神経にも影響を与えます。自律神経の状態が良いと脳や身体をリラックスさせることが出来ます。つまり良い睡眠が出来ればおのずと自律神経が改善され体が健康になるわけです。

サプリが睡眠を改善する

深い睡眠にするためにはいくつかの方法があります。昼間太陽の光を十分に浴びること、睡眠前の体温を上げること、体をリラックスした状態に保つことなどが挙げられますが、もう1つ良い方法があります。それはサプリメントです。
睡眠サプリメントは睡眠の質を向上させるように助けてくれる成分が含まれています。
グリシン。グリシンはタンパク質を構成するアミノ酸の一つです。この成分が体内時計や睡眠リズムを助けるように働きかけ、ぐっすりと眠ることが出来ます。
カルシウム。カルシウムはイライラを防ぐように助けてくれますが、就寝時に心を落ち着かせることによって深い眠りへと誘い込むことが出来ます。
バレリアン。セイヨウカノコソウとも言われますが、古くから不眠症や精神高揚に用いられてきた薬草です。これを摂取することによって不眠の解消の効果が期待できます。
自分に合った睡眠サプリと共に快適な一日を過ごしていきましょう。